一直都很喜歡山口百惠的『曼珠沙華』,梅艷芳也有翻唱過。
影片的前面部分,百惠說了這樣的話:『儘管被傷害,也不想傷害別人。比起被愛不如愛人。當歌手之前,想當個平凡人。在你面前,只想當個女人。我,已經二十歲了。(傷つけられても、傷つけたくない。愛されるより愛していたい。歌手の前に、人間でありたい。あなたの前で、女でありたい。私は、もうハタチ。)』
以下就歌詞做了小小的不負責任翻譯,若有錯誤請指正。



演唱者:山口百恵
歌名:曼珠沙華(マンジュシャカ)

作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童


涙にならない悲しみのあることを知ったのは つい この頃
終於在此刻了解到無法流淚且悲傷的某件事

形にならない幸せが何故かしら重いのも そう この頃
而為何沒有形體的幸福也那麼沉重 是的 就在此刻


あなたへの手紙
寫給你的信

最後の一行 思いつかない
想不出最後一行

どこでけじめをつけましょ
該在哪下段落呢


窓辺の花が咲いた時
是在窗邊花朵盛開時

はかなく花が散った時
還是在花兒短暫地凋殘時

いいえ あなたに愛された時
不 是在被你愛的時候


マンジューシャカ 恋する女は
戀愛的女孩如曼珠沙華

マンジューシャカ 罪作り
自作孽的曼珠沙華

白い花さえ 真紅に染める
就連白花也染上了深紅色


あてにはならない約束をひたすらに待ち続け そう 今でも
一味地繼續等待著靠不住的承諾 沒錯 現在也是

言葉にならない優しさをひたむきに追いかける そう 今でも
專注地追尋著無法言喻的溫柔 沒錯 現在也是


あなたへの想い
對你的愛戀

どこまで行ったら止まるのかしら
要到哪裡才能停止呢

そんな自分を もて余す
按捺不住那樣的自己


机の花が揺れた時
是書桌的花兒搖曳時

ほのかに花が匂う時
還是花朵隱約綻放香味時

いいえ あなたに愛された時
不 是被你愛的時候


マンジューシャカ 恋する女は
戀愛的女孩如曼珠沙華

マンジューシャカ 罪作り
自作孽的曼珠沙華

命すべてを もやし尽すの
賠上一切性命


マンジューシャカ 恋する女は
戀愛的女孩如曼珠沙華

マンジューシャカ 罪作り
自作孽的曼珠沙華

白い夢さえ 真紅に染める
就連純潔的夢也染上了深紅色












十一 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()